人生の攻略本

人生はゲームだ

Strategy guide for life

人生はゲームだ

抑圧される「性」

この記事をシェアする

f:id:yutonakayama:20170821170731p:plain

日本では、「性」について公的に語り合うことはタブーになっている。

人間の三大欲求であるにも関わらず、

それについて話し合うことを恥ずかしいと思っている。

 

性教育を避ける学校  

学校では「歯どめ規定」によって、性について教えられる範囲が定まっている。

例えば、「セックス」という直接的な表現を避け、

「性的接触」という言葉を使わなければいけない。

そして、その過程について説明することは禁止されている。

 

すると子どもは、セックスに対して、

「汚らわしい」とか「いやらしい」というイメージを抱くようになる。

教える側がタブー視すれば、「性について語ることはよくない」

と思って、性の話をしないことが暗黙の了解事項になってしまう。

 

news.yahoo.co.jp

 

「品位を欠く」「性的な表現が不快」

大人でさえこの有様である。

 

オランダの性教育

日本とは対照的な性教育をしている国として、オランダが挙げられる。

オランダでは小さい頃から、オープンに性について語ることが習慣となっている。

 

オランダの性教育は5歳から始まる。

その目的は愛や人間関係についてオープンに語り合うことである。

実習では、バナナを使って避妊具の被せ方を学んだり、

人形を使ってセックスの過程を学習したりする。

 

その結果、10代女性の妊娠率は世界最低となり、

HIVや性病感染についても低い水準になった。

 

人間の三大欲求の一つである「性欲」。

食欲や睡眠欲は抑圧されないのに、

性欲が抑圧されるのはおかしいとは思わないだろうか。